フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 私たちが活動する意味 | トップページ | 盆の迎え火 »

2014年6月29日 (日)

山谷を見てきた建物

現在、友愛会の本部事務所が併設されている男性用宿泊所「友愛ホーム」の耐震補強工事を行っている。

友愛ホームは、もともと居酒屋さんだった建物の内部を改造して宿泊所にしたものである。

大家さんは居酒屋の店主夫婦だった方で、とても優しい方である。 今回の工事は、古い建物で建て替えたいところだが、それも難しいので、せめて災害に対して少しでも強くしておきたいと大家さんがおっしゃってくださってのことである。

この建物は、戦後の山谷の歴史をずーっと見てきた。

1960年代~1980年代の山谷暴動が盛んだった頃の写真を見ても建物が写っている。

後期の山谷暴動は、まさにこの建物の目の前で労働者、機動隊、暴力団が衝突し合った。

古くからある山谷地区の建物は、ほとんどが壊されたり、建て替えられたりである。

趣のあるドヤ(簡易旅館)の多くも閉鎖、取り壊し、建て替えとなっている。

時代は移りゆくもの…。

それでももう少しのあいだ、この建物と共に、山谷の移りゆく姿を見ていきたい。

2004_2

※画像は2004年位の「友愛ホーム」。隣のドヤは今は駐車場に変わってしまった。

« 私たちが活動する意味 | トップページ | 盆の迎え火 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596382/59897940

この記事へのトラックバック一覧です: 山谷を見てきた建物:

« 私たちが活動する意味 | トップページ | 盆の迎え火 »