フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ウェブページ

« アディクション(依存症)の怖さ | トップページ

2015年4月 5日 (日)

山谷の豆知識③…すたれた隠語たち

どの業界でも他では使われない隠語はあるのであろうが、山谷地区などの寄せ場(日雇い労働者市場)の労働者たちによって使われてきた隠語も数多くある。

青カン、デヅラ、ケタオチ、アブレ、ドヤ、アンコ…。

そんな隠語の中でも、最近ほとんど使われなくなったものがある。

「ハコガケ」と「コヤガケ」である。

ハコガケは「箱がけ」、コヤガケは「小屋がけ」と書くのであろう。

ハコガケは今で言うところの「ダンボールハウス」、そして、コヤガケは今で言うところの「ブルーテント」のことである。

『言葉は文化』なんて言われることもありますが、こういった隠語を耳にしなくなってきたことも、寄せ場・山谷の終えんを意味しているのであろう。

ちなみに、

「青カン」は、青空簡易宿泊の略で野宿のこと。

「デヅラ」は、日当のこと。

「ケタオチ」は、程度が低い、ひどく悪いといった意味。

「アブレ」は、仕事がないこと。

「ドヤ」は、簡易(素泊)旅館のことで、ヤドを逆に読んだ言葉。ヤドとも言えないという意味らしい。

「アンコ」は、日雇労働者のこと。語源は、海底にいるアンコウのように…という自虐的な意味とも言われている。

« アディクション(依存症)の怖さ | トップページ

コメント

この会の創始者中嶋儀一氏が出ていたよ。
http://www.asahi.com/edu/nie/syasin/kiji100.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596382/61394543

この記事へのトラックバック一覧です: 山谷の豆知識③…すたれた隠語たち:

« アディクション(依存症)の怖さ | トップページ